CONTENTS

English

地の塩社ストーリー

社会貢献活動

地の塩社の取り組み

1970年代、高度経済成長期、世の中の発展と合わせて公害も増えていた時代に、「公害にならないものを作りたい」そんな想いで、せっけん洗剤作りを始め、家庭から排出される廃食油を粉石けんへリサイクルする運動からスタートした会社です。

創業当時から試行錯誤の中で私たちが培ってきたものは、「売れるものを売る」ではなく、「本当に大切なものを育てながら売る」という信念です。その想いは創業以来35年を迎える今でもかわることはありません。

商品作りはもちろんですが、企業としての環境活動の一環として、「株式会社地の塩社の事業活動に関連する製造または、営業活動により、地球環境に及ぼす影響を認識し環境方針を定め、環境経営活動を推進し、会社理念との一致及び地球環境と共生できる企業を目指します。」の環境理念のもと「エコアクション21」へ取り組んでおります。

節電やエコドライブなどによるCO2削減はもちろんの事、廃棄物の100%リサイクル化、原料廃棄などの削減、節水、事務用品のグリーン購入、製品開発において、省エネルギー、省資源設計などに取り組んでおります。また、会社周辺の清掃活動も定期的に行っております。実際に自分たちで道路周辺のゴミを拾いながら歩いてみると、本当に驚く程のゴミが捨てられているのに気付きます。

最後になりますが、社名の「地の塩社」は、聖書の中の一節「あなたがたは地の塩である」からいただきました。「塩は人々の生活に欠かせないもので、目に見えないところで人々の生活に役立っている。そういう生き方を目指したい。」創業者はそんな想いを、社名に込めました。その想いを、私達はこれからも引き継ぎ、生活に密着した「目立たないが役に立つ」そんな商品の研究、開発を行っていきます。

【ゴミ清掃活動】

地域環境を守り、少しでもゴミのない社会を目指すために全社一丸となって美化推進運動を行っています。

ゴミ清掃活動

【エコアクション21】

持続可能な社会を構築するためには、あらゆる主体が積極的に環境への取り組みを行うことが必要です。事業者は製品・サービスを含む全ての事業活動の中に、省エネルギー、省資源、廃棄物削減等の取り組みを行うことが求められています。
エコアクション21は、全ての事業者が、環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。

【地球温暖化対策『グリーンカーテン』】

グリーンカーテン 

地の塩社では、エコ活動のひとつとして、建物の窓外で「へちま」「ゴーヤ」を生育しています。
つる性の植物(へちま・ひょうたん・朝顔など)をネットにはわせて窓外を覆う『エコカーテン』です。
夏の強い日差しを和らげ、室温の上昇を抑えるのでクーラーなどの使用量を減らすことができ、光合成によってCO2の吸収を図るとともに、植物の葉からの蒸散作用によって周囲を冷やすこともできます。
省エネに大変有効な『グリーンカーテン』です。
青々とした天然のカーテンが心も体も癒してくれますので、是非ともご家庭でお試しされてみてはいかかでしょうか?
ゴーヤ・きゅうりなどは収穫も楽しめますよ!!

HOMEへ プライバシーポリシー サイトマップ ページの先頭へ